交通事故を起こした時の免許証を取得している者の行動

車に乗っている方が日頃から考えておかなければいけないのが、交通事故の可能性です。
交通事故を他人事と考えている方もいるかもしれませんが…交通事故は車に乗っている限り、いつ何時巻き込まれてしまうかわからない物です。
万が一自分が当事者になった場合。
免許証を持っている責任として、適切な対応をする必要が出てきます。

教習所などでも、事故後の対応や応急措置などは必ず教わることなのですが…長年車に乗っている方は特に、授業内容を既に忘れてしまったという方も少なくありません。
事故を起こすために車に乗るわけではありますので、当然と言えば当然ですよね。
ですが、事故を起こしてから混乱して棒立ちになっているだけでは、何も始まりません。

事故が起った際に混乱してしまわない為にも…万が一のことを考えて、やるべきことをまとめておきましょう。
保険会社の電話番号などもメモしておくと、いざという時に役に立ちますよ。
また、万が一通行人などの対人で被害が出てしまった場合。
まずは、その方の状態や安全を確保することが最優先です。
警察と一緒に救急車を手配して、待機中は、必要に応じて救急措置を取りましょう。

更に事故後は、二次的な事故を防ぐためにも、事故が起こってからは周囲の環境にも気を配る必要があります。
周囲の車の通行の邪魔にならない様に車を隅に寄せたり…構想道路で起こった事故など、場合によっては、三角表示板を設置する必要があります。
事故に合ったときに慌てない様に、予めまとめておいてみて下さいね!